フランチャイズ・システムとライセンス・システムの違い

フランチャイズ・システムとライセンス・システムって何が違うのでしょうか?一見して同じようにみえますが、実は大きな違いがあります。もう一度、おさらいの意味もふまえてフランチャイズ・システムからご説明します。

1.フランチャイズ・システムとは?

フランチャイザー(本部)が、フランチャイジー(加盟者)に対して、特権を与える制度です。その特権は、フランチャイザーの商標、サービスマーク、ブランド、ノウハウ、継続的な支援となります。

コンビニ

2.ライセンス・システムとは?

上記の特権はほぼ同じですが、「継続的な支援がない」ということが大きな違いとなります。別途オプション(有料)で研修を開いている場合もありますが、基本的にはない場合が多いです。また、ロイヤリティー(ライセンス料)も売上に変動した金額ではなく、ある一定の金額で請求する場合が多くなります。
サポート

3.その他/のれん分けと代理店とは?

これ以外にも「のれん分け」と「代理店」というシステムもあります。

  • のれん分けとは?
  •  従業員に対してお店の屋号を使うことを許し、独立させることです。直営店を譲渡または委託して運営することが多い。社員として働いているため、さらに研修を受けることなく、資金面でも優遇してくれることも多いので、成功する確率は高まります。飲食店でよく使われています。

  • 代理店とは?
  •  商品やサービスの独占的に販売できる権利を与える制度。加盟金は安く抑えられ、場合によっては無料のところもあります。商品・サービス知識のみの研修が多く、フォローアップは基本的にない場合がほとんどです。

    のれん

    以上が基本的な定義となります。

では安い方がいいではないか?というとそうではありません。フランチャイズ・システムとライセンス・システムの大きな違いの「継続的な支援」が重要です。

 会社やお店を経営している方は苦労されているかと思います。事業を安定して売上を上げ続けることが一番むずかしいところです。安定させ、継続的にするには多大なノウハウが必要で、この部分がしっかりしているフランチャイザーは優秀といえるでしょう。

不良フランチャイザーと呼ばれている本部も残念ながらあります。「開店屋」と呼ばれオープンさせるまでは懇切丁寧におこない、後は知らんぷりというところがあります。

開店屋

そこまでではないにしろ継続的な支援のノウハウがないので、たまたま立地に恵まれて売上がよければいいですが、競合ができて売上が下がると手の打ちようがありません。

こういったフランチャイザーのスーパーバイザーは若手が多く、フランチャイジーからのクレームも多いためすぐに退職し、入れ替わりが激しい状態となっています。

フランチャイズ・システムの違いをご理解いただけましたか?

フランチャイズで絶対に知るべき無料動画教材10点セットを公開中です。 予告なしに非公開にする場合がございますので、急いでご登録ください。

One Response to “フランチャイズ・システムとライセンス・システムの違い”

  1. […] っています。スーパーバイザーがいなければ、ライセンス事業と同じになってしまいます。過去の記事「フランチャイズ・システムとライセンスシステムの違い」を参考にしてください。 […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ