フランチャイズ本部を構築する方法

 フランチャイズ本部を立ち上げるメリットは「フランチャイズ本部を立ち上げる5つのメリット」に詳しく書いていますので、ご覧ください。

 今回は、フランチャイズ本部を構築する方法です。直営店がうまくいっていて、フランチャイズ化して出店スピードをあげたい。実際、自分たちでやってみようと思う方はいらっしゃるかと思いますので、おおよその流れをご説明します。

1.直営店のノウハウ

 まず、フランチャイズ化するにあたり、ここが根幹の部分となってきます。あの人だから売上があがっているという属人化ではいけません。ある一定の人が一定の期間、研修やマニュアルで実現できるシステムである必要があります。 

 これが一番難しく、大切です。立地タイプによりノウハウも異なります。出店基準の確率。どのように集客するのか?リピーター化するのか?競合との差別化は?と分析してブラシュアップすることは山積みです。それを感覚ではなく、全て数字で分析してマニュアル化していかなければいけません。
 売上を上げ続けるということろがポイントで、年をおうごとに売上が下がってしまうのはもってのほかで、継続的なマーケティングプラン、競合ができたときのマーケティングといくつものパターンを試行錯誤する必要があります。

ノウハウ

2.スーパーバイザー業務

 上記のマーケティングプランを主にフランチャイジーに実践していく仕事がスーパーバイザーの仕事となります。チェーンとして標準化できているか?本部の理念・方針を伝えるのも大切な役割です。このスーパーバイザーの人材育成、組織化、業務の規定、マニュアル化が必要となります。

構築

3.店舗開発

 景気が悪いと物件はでてくるのですが、現在物件は奪い合いとなっており、なかなかいい物件はでてきていません。いかにいい物件を探してこれるか?が、店舗を増やすには重要となります。そこで、地域、立地タイプを絞り、徹底的に開発できる人材の確保が必要です。1の直営店ノウハウの部分と重なりますが、出店基準の確率、既存店舗の立地・商圏分析も行う必要があります。

店舗開発

4.フランチャイズ加盟開発の構築

 こちらも店舗開発と同様に店舗拡大を目指すには必要不可欠な要素です。フランチャイジーをどのように獲得していくかのマーケティング全般、その人材育成、組織作り、マニュアル化が必要となります。

フランチャイズ加盟開発

5.フランチャイジー新規出店フロー

 フランチャイジー新規出店フローを作る必要があります。オープンまでのスケジュール、1か月後、3ヶ月後をめどにどのようなサポートを行うかを明確にしておきます。
 地域や業種によっては人材がなかなか集まらない場合も予想して、その際は本部から応援に行くなどの手はずを整えましょう。
 オーナーや店長の研修も実施しなければいけません。なるべくOJTの期間を長く取り入れ、OJTとオープンの期間を開けないようにします。

6.契約書関係

 フランチャイジーと締結する「フランチャイズ契約書」、「法定開示書面」の他にオーナーが個人の場合は特に「雇用契約書」なども準備しておきましょう。

契約

以上、動画でフランチャイジー側からみた「フランチャイズで絶対知るべき実践10ステップ動画」も無料でご覧いただけますので、こちらよりメールアドレスを登録してぜひご覧ください。


フランチャイズで絶対知るべき実践10ステップメルマガ登録
お名前*
メールアドレス*


フランチャイズで絶対に知るべき無料動画教材10点セットを公開中です。 予告なしに非公開にする場合がございますので、急いでご登録ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ