フランチャイズで被害者にならないためには

フランチャイズということ、「失敗」「被害者」「借金」などネガティブな言葉が並びます。

決してそれらはイコールではありません。フランチャイズで失敗する人、被害者になる人、借金を背負う人は確かにいますが、一方で成功している人もたくさんいます。

被害者

どうすればフランチャイズで被害者にならないのか?

フランチャイズで被害者にならないためには、加盟する際にできるだけリスクをなくし、あなたの「マインド」を成功者の「マインド」へスイッチします。

「フランチャイズ加盟でリスクをなくすには?」にも書きましたが、フランチャイズ本部を選ぶ目を養うことと、商圏と立地の選択がても大事な要素となります。ここを間違えなければ成功の第一ステップに踏み出したといえるでしょう。

 加盟しようとしているフランチャイズ本部の店舗が、8割が赤字店舗であれば、単純に成功する確率は20%以下になります。ノウハウを持っているフランチャイズ本部を選び、物件がありそうなところを選ぶのが肝です。ありそうなというのは、そのフランチャイズがさまざまな立地パターンで成功していれば、それだけ成功する立地、商圏が増えるからです。その商圏と立地も妥協せずとことん納得いくまで探しましょう。本部が紹介してくれたからといって、必ず成功する物件ではありません。本部の営業マンは、加盟してオープンして初めて成績になります。あなたが成功するかどうかは関係ないのです。だから、あなた自身の基準でその物件が納得いき、はじめて契約してください。

売上げアップ

成功するマインドって?

人はイメージしたことしかできません。また、「○○+でない」といった否定語は認識できません。つまり、はじめから「被害者にならない」と考えると「被害者」が頭にイメージされ、そちらの方に流されていってしまいます。

「そんな馬鹿な?」

と思った方は、こちらの記事をごらんください。「フランチャイズで成功する人、失敗する人」

常に「成功する」イメージを持ち続ければ、それがフィルターになり、例えば街を歩いていても自動的に「成功する何か」がないかを目が、耳が、頭が感じとっていくのです。これは意外に大事ですよ。

成功

フランチャイズで被害者の人の特徴

私が今まで接してきたフランチャイジーで、被害者になる方の特徴をまとめました。

  • 被害妄想が強い
  • 全て受け身
  • 何事も人のせいにする
  • 売上を上げようとするより、文句を言っている
  • 人望がない

まず、経営者向きの性格ではありません。フランチャイズで独立しようという理由が前向きではなく、就職できなかったから等では成功できません。積極的に、前向きに取り組んでいけば成功は開けてくるはずです。

あなたも上記のことに気をつけ、フランチャイズの成功者となれるよう頑張っていきましょう。

フランチャイズで絶対に知るべき無料動画教材10点セットを公開中です。 予告なしに非公開にする場合がございますので、急いでご登録ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ