どのフランチャイズ業種が伸びていくのかを考える

フランチャイズ加盟を検討していく中で、その業種自体が伸びていかないと話になりません。日本社会が今後どのように流れていくのかを見ていくのはとても重要です。

1.人口減少と高齢化

これは、随分前から言われていますが、政府の対策は全く意味をなしておらず、人口減少と高齢化はどんどん進んでいます。この流れは止まらないでしょう。若者がお金を使わないではなく、若者はお金がなく、こういう将来に対して悲観しており、お金を出来るだけ使わないのです。また、スマホでお金を消費しており、余裕のないのも事実です。
 業種としては、ターゲットを高齢化にしている業種が伸びているのも頷けます。今後も継続していくでしょう。

減少

2.三大都市圏人口集中

首都圏・中京圏・近畿圏の三大都市圏に人口が集中し、この流れは今後も止まらないでしょう。以下のグラフでも明白です。

三大都市圏
(出典)国土交通省国土審議会政策部会長期展望委員会「国土の長期展望」中間とりまとめ

このことからもどこでフランチャイズをするのか?は三大都市圏を覗いては人口が減るわけですから、残念ながらそれ以外では成功する確率は難しくなります。

3.2020年東京オリンピック

東京オリンピックにより、2の首都圏への人口集中はより加速します。東京オリンピックにより、スポーツ関係、健康、アウトドアに関連するフランチャイズ業は当然伸びていきます。

東京オリンピック

4.物価上昇

アベノミクスの金融緩和により、物価は上昇していきます。そして、円安の流れもまず間違いありません。物価上昇では、生活必需品やディスカウント店の業種が伸びてきます。

物価上昇

5.インバウンド消費

外国人の観光客は東京オリンピックまでは、右肩上がりで伸びていくでしょう。外国人をターゲットにした業種、対応できる業種が伸びるのは言うまでもありません。大手では「ぐるなび」がいち早く各言語対応して、外国人観光客を取り組む施策をうっています。

インバウンド

飲食店であれば当然、各言語対応メニューは必須であり、料理の写真を豊富にするなどの対策も必要です。美容業界では日本の技術は世界でもブランド化しており、外国人をターゲットにしているところはまだほとんどありませんので、チャンスです。

このように社会的なテーマ、大きな流れを掴み、その業種に投資することは成功への確率を高めます。あなたならどの業種を選びますか?

フランチャイズで絶対に知るべき無料動画教材10点セットを公開中です。 予告なしに非公開にする場合がございますので、急いでご登録ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ