法人企業としてフランチャイズ加盟で成功する5つの秘訣

法人企業として多角化経営を目指す場合は、フランチャイズ加盟を検討することも選択肢の一つでしょう。私もたくさんの企業の加盟相談に応じてきました。その経験からフランチャイズ加盟して成功してきた企業の共通点がありました。その共通点について、お話していきたいと思います。

1.経営者も一丸となって取り組んでいる

経営者自ら説明会に参加されたり、物件選定の際も足を運んだりしている企業はやはり成功しています。それだけ、新規事業に対して真摯に取り組んでいる証拠であり、下の人間も手を抜けません。
 一方、失敗する企業は殆ど経営者が顔をだすことはなく、下に指示・命令だけしています。企業の大小はありますが、共通している事項の代表例です。

団結

2.素直に取り組んでいる

これは、全くの異業種であっても自分自身のスタンスがある方が多く、フランチャイザーの指示に従わずにオリジナリティーを出そうとします。フランチャイズに加盟するということは、それらのノウハウを買うということなので、まずは素直に取り組んでいる企業の方が成功しています。

3.担当者をおいている

契約まではしっかりとした担当者とやりとりしていましたが、いざ契約が終わったら新規で採用した店長に任せっきり・・。こういったケースも多く、店長も雇われ感があります。こうなると販促する資金もなかなか稟議が通らなかったり、本部と店舗で溝ができて、うまくいかなくなります。
成功している企業では専任の担当者をおいて、フランチャイザーと店舗と蜜に連絡をとっています。

4.フランチャイザーの理念に共鳴している

ただ金儲けだけのため、リスクヘッジのために加盟する場合もうまくいかないケースが多くみられます。フランチャイジーのトップがフランチャイザーの理念に共鳴して、加盟する場合は成功する割合が多くなります。これは、理念に共鳴している企業は、上記の1〜3に該当するケースである場合が多いのも特徴です。

理念

5.自社物件にこだわらない

自社物件の有効活用のためにフランチャイズ加盟する企業も多くありました。ただし、その自社物件を調査すると、とんでもない立地である場合がほとんどで、いくら自社物件といえど商売が成り立ちません。正直な数字を出して、諦める企業もあれば、それでもいいからやらせてくれという企業もあります。

物件

 念をおしてこの数字にしかなりませんがいいのですか?とお話して、オープンするとやはりその数字通りになり、やがて閉店します。成功する企業は自社物件にこだわらず、よい商圏、よい立地で出店します。

フランチャイズで絶対に知るべき無料動画教材10点セットを公開中です。 予告なしに非公開にする場合がございますので、急いでご登録ください。

One Response to “法人企業としてフランチャイズ加盟で成功する5つの秘訣”

  1. […] 参考:法人企業としてフランチャイズ加盟で成功する5つの秘訣 独立開業してフランチャイズで成功した方のお話 […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ