起業にはどのビジネススキルが必要か?

まず、ビジネススキルってそもそも何なのか?を考えていきましょう。体系的には3つに分類することができます。

  1. テクニカルスキル(業務遂行能力)
    ある特定の職務を遂行するのに必要とされる能力。ハーバード大学のロバート・カッツが提唱した。
    テクニカル・スキルは職務遂行能力とも言われ、その職務を遂行する上で必要となる専門的な知識や、業務処理能力を指す。職務内容により、その内容は異なってくる。 テクニカル・スキルは、比較的若手(低位)のマネージャに、より必要とされると言われてきていた。しかし最近は、上位のマネージャにも高度な業務知識が必須であると考えられている。
  2. ヒューマンスキル(対人関係能力)
    他者や周囲との円滑な関係を構築・維持する能力。ヒューマン・スキルは対人関係能力とも言われ、職務を遂行していく上で他者との良好な関係を築く力を指す。具体的にはコミュニケーション力、ネゴシエーション力などが挙げられる。
  3. コンセプチュアルスキル(概念化能力)
    知識や情報などを体系的に組み合わせ、複雑な事象を概念化することにより、物事の本質を把握する能力。コンセプチュアル・スキルは概念化能力とも言われ、抽象的な考えや物事の大枠を理解する力を指す。具体的には論理思考力、問題解決力、応用力などが挙げられる。 コンセプチュアル・スキルはより上位のマネージャになるほど必要であると考えられている。「またコンセプチュアル・スキルは、概念化能力とも言う」

少し難しい概念になりますが、簡単にまとめると1が一般的な業務を行う能力、2が対人関係の能力、3が問題解決能力となります。

スキル

スキルのウェイトを基準とすると1が一般社員、2がマネージャー、3が経営者とも分類できます。
起業においては、この1から3全てのスキルを自分自身で担わなければいけません。

先日、テレビで転職者の大企業病を治すというニュースがありました。

大企業病(だいきぎょうびょう)とは、主に大企業で見られる非効率的な企業体質のことである。
組織が大きくなることにより経営者と従業員の意思疎通が不十分となり、結果として、組織内部に官僚主義、セクショナリズム、事なかれ主義、縦割り主義などが蔓延し、組織の非活性をもたらす。社員は不要な仕事を作り出し、細分化された仕事をこなすようになる傾向がある。

私も一時期大企業で働いていた経験がありましたが、非効率的であり、生産性を上げようと頑張っている人よりも政治力を上げている人が昇進していくというシステムに辟易としておりました。全ての大企業がそうではありませんが、どうしても組織が大きくなると、意思疎通が測りにくくなったり、細分化していくのは仕方がないことでしょう。

病気

テレビの内容は、大企業病になっている方の転職支援であり、その型にはまった考え方をワークで治療していくというものです。

大企業というブランドを背負って働いているとその偉大さになかなか気付かず、自分自身が偉くなったと勘違いしてしまいます。転職、独立時にはその大企業のブランドは一切関係なく、個人の能力が必要になります。

大企業で働いていて、独立を考えている方はまず自分自身のスキルの棚卸しをしてみてください。

テクニカル・スキルだけでは独立起業しても成功するのは難しいでしょう。
経営者としては、テクニカル・スキルよりもヒューマン・スキルやコンセプチュアル・スキルのウェイトが大きくなるからです。

ただし、実務がどうしても多くなってしまうため圧倒的な処理能力や人を雇って補う必要がでてきます。自信がない方はやはりフランチャイズの方が自分の苦手なスキルを補ってもらい軽減される部分が多いのでお勧めします。

ぜひ、自分自身のスキルを棚卸しして、独立・起業なのかフランチャイズに加盟して起業するのかを考えていきましょう。

フランチャイズで絶対に知るべき無料動画教材10点セットを公開中です。 予告なしに非公開にする場合がございますので、急いでご登録ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ