中高年で起業するにはフランチャイズがベスト?

中高年で起業する方が増えています。フランチャイズの展示会でも昔に比べれば随分と中高年の方が増えているというのを実感しますし、私のとろこへのご相談も確実に中高年の方が増えています。

中高年で起業される方の理由としては、リストラされて今更就職口もない、年金がいくらもらえるか分からない、人生の残りはやりがいのある仕事をやっていきたいと様々です。

シニア

起業して成功するには、今まではサラリーマンや公務員といった方が大半ですので、長年染み付いた雇われ感はそう抜けるものではありません。まずは、起業家としてのマインドをしっかりと持つことが大切です。

これは自分で独立するにしても、フランチャイズに加盟するにしても同じで、全て自分の力、責任だということです。

さて、本題ですが中高年の方が起業するには、独立して自分でやるのか、フランチャイズに加盟するのがよいのか?ですが、これは内容によって分けられます。

  • 独立して自分でやるのがよいパターン
  • 今までの仕事のスキル、人脈が存分に活かせるのであれば、独立して自分でやる方がよいでしょう。気をつけておかなければいけないのは、今働いている会社とトラブルにならないようにしっかりと根回ししておくことです。

    例えば営業マンの方で、ある業界のルートセールスをしています。その取引先に独自の商品を売り込めばビジネスになりますね。もちろん今の会社と競合になるのはご法度です。
    また、資格を活かして自宅でフィナンシャルプランナーとして独立という方もいらっしゃいました。

    シニア起業

  • フランチャイズに加盟するのがよいパターン
  • 仕事のスキルも独立するほどではないし、人脈もなく、異業種でやる場合は、ノウハウがあるフランチャイズに加盟するのがお勧めです。フランチャイズの場合だと全くの異業種でも問題ありません。

    ただし、全くの口下手で営業スキルの求められるフランチャイズや手先が不器用なのに、手に職系(リペア等)はやめておいた方が無難です。いくら研修があるからといっても限界があります。
    数あるフランチャイズの中でも、やはり自分のやりたいものに近い業界でやる方が成功する確率は高まりますので、儲かりそうだからという理由はやめましょう。

元気なシニア

独立しての最大のメリットは、誰に文句を言われることもなく、誰のせいでもなく、自分自身の力で生きていけるってことではないでしょうか?定年もありません。働くことはいつまでも元気で生きていくためには必要なことです。恐れず、慎重に、大胆に頑張りましょう!

 それでも不安な方は、お気軽にご相談ください。リスクを減らし、成功へお手伝いさせていただきます。以下のボタンを押して、お問合せください。親身に対応させて頂きます。

お問い合わせ

フランチャイズで絶対に知るべき無料動画教材10点セットを公開中です。 予告なしに非公開にする場合がございますので、急いでご登録ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ