なかなかリピーターになってくれないのはなぜか?

「お客さんがなかなかリピーターになってくれないのです。」というご相談をよくいただきます。
これはまだよい方で、店舗によっては数字を把握していないところもたくさんあります。感覚でやっていてはいけません。必ず数字を把握して、対策をうつのは基本中の基本です。今日からでもいいので、まずは新規客とリピーター客の数字は把握しましょう。

リピーターになってくれないというお困りの飲食店からのご相談がつい最近ありました。
その店舗は味はよいし、価格もそう高くありません。サービスも決して悪くなくどうしてリピーターが少ないのでしょう?
その店舗はお通しとして、これはすごい!という一品を目玉にしています。確かに最初来店したときは、驚き、満足するでしょう。

お通し

ただ、そのお通しを通年そのままで変更せずに提供しています。これでは、いくら美味しくてすごい一品でも飽きてしまいます。常連であれば、毎週、週2,3は通う人もいるかもしれません。毎回、同じお通しではうんざりしてしまいます。

そこで、お通しの目玉を3ヶ月に1回変更し、3品から選択可能にしました。そうすると、常連客からも評判がよく、来店頻度が増え、新規のお客様からもまた別のお通しを食べたいからということで短期間で再来店してくれているということです。

たかがお通し、されどお通しです。

お通しに限らず、全ての面において季節的な変化をつけることが重要です。

  • メニュー(お通し、デザート、ドリンク、メインなど)
  • 内装
  • 外装
  • 従業員の制服
  • ポップ

メニューはお通しに限らず、デザートであったり、ドリンクを季節的に変更する。
内装、外装もお金をかけずに桜の時期は桜の造花、絵を飾る。従業員の制服もワンポイント季節感を出す。ポップも定期的に変更する。

季節感

これらを少しずつ変更することによって、お客様は飽きずに来店するのです。

馴染みに店だから・・・といって何もしないのは手抜きの店になりますよ。少しずつの変化が刺激となり、来店動機にもつながります。

ぜひ、お金のかからないことなので、1つずつ試してみてはいかがですか?

フランチャイズで絶対に知るべき無料動画教材10点セットを公開中です。 予告なしに非公開にする場合がございますので、急いでご登録ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ